中澤省一郎:公認会計士・税理士・不動産鑑定士補・SS経営アドバイザー

まずは、会社の決算書のお手元において、以下の項目をチェックしてみましょう。
銀行によるあなたの会社の評価(債務者区分比較表)は文末に掲載しています。

<貸借対照表をご覧ください>

  1. 純資産の部の(株主資本)合計に△(又はー)がある会社。
    • 既に債務超過です。
  2. 純資産額が+でも含み損がある会社。(仮払金は含み損に含めてください。
    • ゴルフ会員権、有価証券、貸付金も時価、回収可能額を検討して下さい)
    • 「純資産額△含み損」がマイナスの会社。
    • 実質債務超過です。
  3. 繰越利益剰余金が△(又はー)がある会社。
    • 正常先でない可能性があります。
  4. 決算書に計上されている借入金額より実際の借入金額が多い会社。
  5. 役員への貸付金、仮払金が多額にある会社。

<貸借対照表と損益計算書をご覧ください>

  1. 有利子負債倍率が高い会社。
    • ① まず、短期借入金と長期借入金を合計してください(有利子負債といいます)。
    • ② 損益計算書の当期純利益と減価償却を足してください。
    •  (CF - キャッシュフローといいます)
      • マイナスの会社は即刻ご相談を。
    • ③ ②で①を割ってください(有利負債倍率といいます)。
      • 15倍以上の会社は即刻ご相談を。
  2. 年間の借入金の返済額が、CFより多い会社。

<損益計算書をご覧ください>

  1. " 営業利益 " " 経常利益 " " 当期純利益 " が一つでも赤字の会社で、2期以上続けて赤字の会社。
  2. 黒字でも減価償却をしていない(又は限度額より少なくしている)会社。

<取引銀行から以下の言葉が出たら>

  1. 当座貸越について
    • ■ 当座貸越を止めて、手形貸付に変えてくれませんか?
    • ■ 極度額を下げさせてください。
    • ■ いつも満額を借りているので、長期借入に変更します。=返済してください。
  2. 短期借入について
    • ■ 次回の借換えは出来ません。
    • ■ 次回の借換えの時には、貸付金額が減額になります。
  3. 長期借入について
    • ■ リースの方が金利が安いので、リースにしませんか?
    • ■ 長期借入の期間ですが、今までと同じ期間は無理なので、短くさせてください。
  4. 保証協会に関して(注:SS業種は、11月1日からは保証協会のセイフティネット対象外になっています)
    • ■ セーフティネット融資があるので、全額保証協会付きの方が有利です。
    • ■ (融資の申込に対して)プロパーでは無理なんので保証協会に聞いてみます。
  5. 金融機関から以下の言葉が出たら
    • ■ 個人のお金はあとどのくらい会社につぎ込めますか?
    • ■ 担保に入れられる個人資産は何かありますか?
    • ■ 親戚の方で、担保を提供してくれる方はいませんか?

<銀行によるあなたの会社の評価(債務者区分)>

クリックすると拡大します。クリックすると拡大します。

いかがでしょうか? 当てはまらない項目が多い事を希望していますが、
チェック(思い当たる)項目が多かった場合。
即刻、中澤公認会計士事務所 公認会計士 中澤省一郎までご相談ください。


中澤公認会計士事務所
住所:東京都中央区 佃1-11-9 シティフロントタワー1502号
TEL:03-3531-3655 FAX : 03-3531-3656
LinkIconnakazawas-cpa@athena.ocn.ne.jp

SSの経営再建と事業承継のために・・・

SSの経営再建とさらに重要なテーマである「事業承継対策」。
株式の分散化対策等、非常に個別性の強いテーマです。


現状分析すると「急」を要する場合も多々。
その際は「時を選ばず」「迷わず」「至急」
電話、メール等でご連絡ください。
公認会計士は「業務上知り得た秘密」を公表してはいけないという
守秘義務を有しておりますので、安心してご相談ください。


中澤公認会計士事務所
公認会計士・税理士
中澤省一郎